自分戦略

「コーチングを受けたい」と思ったら始める7つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーチングはあなたがより自由に楽しく働くために、そして、夢や目標を実現するために、可能性を引き出し「本当は何をしたいのか」「本当はどうありたいのか」を見出しながら、行動を支援するパートナーシップです。

この記事をお読みということは、きっと、「コーチングを受けたい」と思われているのではないでしょうか。「チームをまとめたい」「プロジェクトを成功させたい」「ビジネスの成果を出したい」など、いろんな期待と夢を抱かれているのではないかと思います。

一方、はじめてコーチングを受けたいと思われている方にとって、「コーチングって、どうやって受けるのだろう?」「コーチングを受けるまでには、どんな準備が必要なんだろう?」「コーチングの料金は?」「コーチってどうやって選ぶの?」「コーチングを受けることで、どんな成果が得られるの?」など、コーチングを受けるまでにはいろんな疑問や解決すべきことがあると思います。

そこで、この記事では、「コーチングを受けたい」と思ったあなたが、今、何をすべきなのかを、ステップ・バイ・ステップで見ていきます。

そもそも、コーチングとは?

改めて、コーチングとは何かについて、簡単に触れておきたいと思います。

コーチングはあなたがより自由に楽しく働くために、そして、夢や目標を実現するために、可能性を引き出し「本当は何をしたいのか」「本当はどうありたいのか」を見出しながら、行動を支援するパートナーシップです。

詳しくは、コーチングとは何か―ポジティブな思考を生み出すシンプルな構造も併せてご覧ください。

「コーチングを受けたい」と思ったら始める7つのステップ

「なるほど!コーチングは、成長や成果の実現のために行うのだな」ということが分かったら、次に、知りたいのは、コーチングを受けるために必要なプロセスですよね。

コーチングを受けるためには、いくつかの準備がありますので、順を追って見ていきましょう。

コーチングの受け方を選ぶ

まず、コーチングの受け方についてです。

コーチングは「会話」ですから、準備と言っても特別なものは一切必要ありません。「コーチと会って(または電話等で)話す」――これが基本です。

コーチングを受けるためには、大きく分けると2つの方法があります。どの方式がいいか、比較検討してみてください。

直接会って話す

コーチと直接会って話す方法です。会社の会議室やコーチが指定する場所、ホテルのラウンジやカフェでコーチングを受ける人もいます。

直接会って、コーチの表情や声のトーンを感じながら、よりリラックスした雰囲気の中で受けることができます。コーヒーを飲みながら話すのもいいですね。

電話やインターネットツールを使って話す

コーチと電話や、スカイプなどのインターネットツールを使って話す方法です。この方法なら、コーチと離れていても会話ができるので、会社の会議室や自宅、中には、海外でコーチングを受ける人もいます。

時間や場所に縛られず、お気に入りの場所でリラックスしながら受けるのもいいですよね。

なお、インターネットツールを使うためには、ヘッドセットなど、会話をするための機材を用意する必要がある場合もあります。詳しくはスカイプについても併せてご覧ください。

コーチングのテーマを決める

コーチングはなんとなく始めるよりも、何かしらのテーマをもって取り組んだ方がよいでしょう。テーマと言っても、それほど大げさに考えていただかなくてもかまいません。

「コーチングと受けたい」と思われているということは、すでに、「チームをまとめたい」「プロジェクトを成功させたい」「ビジネスで成果を出したい」など、何かしらのテーマはお持ちなのではないかと思います。

代表的なテーマを上げておきましょう。

  • 将来、実現したいこと(ビジョン)を明確にする
  • 資格を取る
  • モチベーションを上げる/維持する
  • 感情をマネジメントする
  • チームをまとめる(チームビルディング/リーダーシップ)
  • プロジェクトを成功させる(プロジェクトのマネジメント)
  • ビジネスで成果を出す

コーチングの期間・回数を決める

コーチングは一般的に、一定期間(たとえば、3カ月など)で行われることが多いです。その理由としては、「成果を出すためには、一定期間の関わりが必要だから」「『〇〇までに結果を出すぞ!』と目標を設定したほうが成果につながりやすいから」などと言われています。

そこで、どのぐらいのコーチングの期間が必要かをざっくりと決めるといいでしょう。

一方、――筆者自身がよく経験するのですが――「そんなに大げさでなくてもいいのだけれど、まずは課題を整理したい。とにかく一度話がしたい。聞いてほしい」ということがあります。そこで、しごとのみらいでは、一回からでもお受けすることにしています。継続するなら、その一回を繰り返していけばいいからです。

また、経験上、コーチングの途中で「話してみたら、本当に実現したいことはちょっと違っていた」「課題に取り組んでいたら、状況が変わってきた」など、テーマそのものが変わることが少なくありません。そういう意味でも、コーチングは期間よりも、「今、この瞬間に、話したいことを話す」ことが大切だと考えています。

コーチを選ぶ

コーチングを受ける上で、この「コーチ選び」が最も重要だと言っても過言ではありません。

コーチングで最も大切なのは、「コーチとの相性」です。「相性」を測るためにはいくつかの視点がありますので、何点かを紹介しておきます。ホームページやブログの記事、メディアの記事、書籍、体験コーチング(後述)などを通じて、あなたに合ったコーチを見つけてください。

コーチの雰囲気が自分と合っている。しっくりくる

コーチングはあなたの中に内在している「ポジティブな思考を生み出す対話」です。ポジティブなアイデアやヒントを考えるためには、リラックスできて、楽しく話せることがとても大切です。そのためには、会話をしていて雰囲気が合う、リズムが合う、しっくりくるコーチが適しています。

例えば、コーチにも「ポジティブでガンガン行く人」や、「じっくり考えながらマイペースで歩む人」など、さまざまなタイプのコーチがいます。筆者の場合はゆっくり話し、ゆっくり考えるのが好きです。また、温和な人が好きなので、コーチを選ぶならそのようなタイプの人を選びます。

コーチが発する言葉や価値観に共感できる。納得できる

「コーチとの相性」を測る一つが、コーチが発する言葉や価値観です。「この人の考え方は共感できるな。納得できるな」というコーチが適しています。

例えば、人には「前向きな人」「後ろ向きな人」「批判的な人」など、いろんなタイプの人がいます。筆者の場合は、物事を前向きに解決していきたいので、そのようなタイプのコーチを選びます。ブログや書籍などを読めば、コーチの人となり、考え方が分かります。

目指したい方向の経験値がある。実績がある

コーチングの目的は、望ましい未来を実現するために、さまざまな課題をクリアしながら、人生をドライブしていくことです。テーマに対する経験値や実績があることも、コーチの条件と言っていいでしょう。チームビルディングなら管理職の経験、プロジェクトの成功ならマネジメントの経験、ビジネスで成果を出したいならビジネスの経験など、それぞれの目的に沿った経験があるコーチを選びましょう。

また、これは個人的な意見ですが、成功体験だけではなく、失敗体験や悩んだ体験があることも、コーチ選びの大切なポイントかなと思います。なぜなら、コーチングとは、「まだ実現していないことを、実現する」ために行うものなので、「まだ実現していない」ときの悩みや苦しみを知っているコーチのほうが、伴走者としては適していると思うからです。

(必要条件)資格がある

コーチングには、傾聴力や質問力が必要なので、トレーニングを積んだ証である資格も、コーチ選びの参考になります(資格については、「人の話を聞く仕事」をしたい人必見!必要な資格とスキルとは?も併せてご覧ください)。

一方、資格があるからといって、あなたのコーチに適しているかと言えば、そうとも言い切れません。なぜなら、資格を取得するために学んだ理論や知識よりも、経験値のほうが実務では役立つからです。

コーチングの料金を確認する

コーチを選んだら、コーチングの料金を確認します。

コーチングの料金は安いところでは1時間2千円ほどから、高いところでは5万円ほど、エグゼクティブを対象にしたビジネスコーチングなら、10万円近い金額を提示しているところもあります。ざっくり平均すると、1時間1万円~1万5千円といったところでしょうか。

コーチング料金は高いという声も多いようです。コーチング料金の相場は?では、自分に合ったコーチング料金の考え方や他のサービスとの比較を行っています。併せてご覧ください。

また、「期間中一括支払いなのか、それとも、月ごとなのか」「銀行振込なのか、クレジットカードも使えるのか」など、コーチングの料金の支払い方法についても確認するといいでしょう。

しごとのみらいでは、支払い方法は一括、または、毎月を選ぶことができます。また、銀行振り込みとクレジットカード、どちらでもご利用いただけます。

体験コーチングを受ける

前段で、コーチングは、内在している「ポジティブな思考を生み出す対話」というお話をしました。

コーチングの効果については、ビジネスにおける「コーチングの効果」とは(個人編)にまとめています。

一方、コーチングで得られる効果は感覚的なことも多く、実際に受けてみたいと分からないところがあります。また、コーチングは一定期間行われることが一般的ですが、関わりが長い分、「このコーチで本当に大丈夫かな?」のように、心理的なハードルも高く感じるものです。

このような不安を解消するためにも、もし、コーチが体験コーチングを行っていたら、体験してみることをおすすめします。

なお、コーチングの進め方については、5つのステップで分かる「コーチングの進め方」とはも併せてご覧ください。

コーチングを依頼する

「このコーチとなら、一緒に歩めるな」と感じたら、コーチングを依頼します。コーチングの依頼は、メールや口頭で行う場合もあれば、書面を交わすこともあります。

具体的には、各コーチに問い合わせてみてください。

まとめ

コーチングを受けたいと思ってから、依頼するまでの流れについて見てきました。

このように見てみると、「いろんなステップがあるなー」「大変そうだなー」と思われたかもしれませんが、基本的には「コーチとの対話」です。対話とは、「目的をもったおしゃべり」……という言い方はかみ砕き過ぎかもしれませんが、実際、心もあたまも柔らかくして、リラックスし、ざっくばらんに話すことが、これまでになかったアイデアやヒントを生み出すためには、とても大切なポイントだったりします。

そういう意味では、分からないところは問い合わせながら、気軽に取り組むのがよいのではないかと思います。

スポンサーリンク

コーチング―自分らしく、楽しく働くために

コーチングは、あなたがより自分らしく、楽しく働くために、そして、「望ましい未来」を実現するために、あなたの中からさまざまな可能性を引き出し、「本当は何をしたいのか」「本当はどうありたいのか」を見出しながら、それをより具体的な行動につながるよう支援するプログラムです。

コーチ竹内義晴が真剣に関わり、あなたを全力でサポートいたします。

コーチングについて詳しく知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内の記事をキーワードで検索