ティーチングとコーチングの違いとポイント

「ティーチングとコーチングは違う」と、聞いたことはありますか?

一言で言えば、ティーチングは相手に「教える」こと。コーチングは、相手から「引き出す」こと。情報の方向性としては、ティーチングは相手にインプットするイメージで、コーチングが相手からのアウトプットを引き出すイメージ。

ティーチングとコーチングの情報を知りたい方なら、ここまではご存知ではないでしょうか。

一方、ティーチングとコーチングは、「ティーチングよりコーチングのほうが大事だ」「経験が浅い人にはコーチングはむしろ害」のように、対立軸で扱われることも多いです。「で、どっちが大事なの?」と思われている方もいるでしょう。、

大切なのは、「どっちか?」なのでしょうか。さらによりよくする方法はないのでしょうか。

そこで、本記事では、ティーチングとコーチングの特徴や、具体的な例を示しながら、コミュニケーションにおける方法についてお話しします。

コーチングとティーチングの一般的な情報

まず、ティーチングとコーチングの一般的な情報をおさらいしましょう。

ティーチング

  • こちらがもっている情報を「教える」「伝える」
  • 知識を身につける初期段階に有効
  • 相手のスタンスは「受け取る(受け身)」
  • 得られる情報は与えられた情報の範囲
  • 関係性が一方向。上下関係

ティーチングは、学校の先生と生徒の関係性を考えると分かりやすいですね。

コーチング

  • 相手が持っている情報を「引き出す」。その方法は「問いかけ」
  • ある程度の経験を持っている段階に有効
  • 自分で考え、答えを導き出すように促す
  • 自分で考えるために、気づきや発見、動機付けに効果的
  • 関係性が双方向。対等な関係(どちらかといえば、相手が主)

コーチングとは何か?については、コーチングとは何か―不透明な時代の「自分で考える力」もご確認ください。

コーチングとティーチングの具体例

コーチングとティーチングを、具体的な例で比較してみましょう。

ここでは、会議資料のまとめ方が分からないという部下A君と、上司Bさんとのやり取りを想定しています。

ティーチング

A君:Bさん、次の会議で使う資料をまとめてみたんですけど、これでいいですか?

Bさん:ありがとう。う~ん、これでもいいけど、これだとプロジェクトの目的が何なのか、はっきりしないんじゃないかなぁ。最初のほうに、プロジェクトの目的を端的に表現してよ。

A君:分かりました。

コーチング

A君:Bさん、次の会議で使う資料をまとめてみたんですけど、これでいいですか?

Bさん:ありがとう。できたね。A君的には、何点の出来?

A君:80点ぐらいですかね

Bさん:じゃあ、あと20点上げるためには、何が必要なの?

A君:そうですね。後半が少しダラダラした感じなので、もう少し何とかできたらいいなとは、思います。

Bさん:何とか……って、例えば?

A君:例えば……箇条書きにするとか……でしょうか

Bさん:それはいいアイデアだね。じゃあ、そうしてみよう。後半が箇条書きになると、何点ぐらいになる?

A君:95点は行きますかね

Bさん:へ~、95点なんだ。あと5点は?

A君:もっとデザインをよくしたいんですけど、結構時間が掛かりそうです。

Bさん:そうだね。じゃあ、まず95点を目指してみよう

A君:分かりました

ティーチングとコーチングの違いの考察

ティーチングは、上司Bさんが部下A君に一方的に教えているのに対して、コーチングはBさんがA君に問いかけ、自分で考えるように促しています。「与える」か「考えてもらう」か。これが、ティーチングとコーチングの違いです。

一般的な情報の中には、「コーチングは部下に教えない」、中には、「教えてはいけない」のように、禁止口調で書かれている記事も多くあるようです。

たとえば、この例のティーチングでは、上司Bさんは「最初のほうに、プロジェクトの目的を端的に表現して欲しい」と、自分の意見を述べているのに対し、コーチングでは述べていません。この場合、Bさんは「本当は、もっと○○にしたほうがいいんだけど、コーチングは教えちゃいけないって言うしな」と、やや、ストレスを抱えてしまうかもしれません。

定義としては、ティーチングは「教える」、コーチングは「教えない」とされていますが、「どっちか」にしてしまうのはもったいないことだと筆者は考えています。たとえば、この例では、上司Bさんの経験に基づくアドバイスが加わったほうが、資料の品質はよりよくなることが想像できます。

ビジネスシーンで大切なことは、もっともベストな状態を作ることです。「コーチングでは○○してはいけない」のように、「どっちか」にしてしまうと、品質を上げる機会を奪ってしまいます。両方のいいところを合わせるようにすると、「一方的に言われる」「一方が我慢する」という感じではなくなり、双方のストレスも軽減できるでしょう。

たとえば、先ほどの例なら、Bさんのアドバイスを最後に加えて……

Bさん:そうだね。じゃあ、まず95点を目指してみよう。さらによくするとしたら、最初のほうに、プロジェクトの目的を端的に表現するといいと思うよ。そうすれば、プロジェクトの目的が最初に明確になるから。

A君:分かりました

Bさん:期待しているよ

のように、最後にプラスの情報としてアドバイスするといいでしょう。

まとめ

「ティーチングvsコーチング」のような、対立軸の関係にしてしまうと、どちらかがいい、どちらかが悪いというように、どちらかに偏りがちです。

大切なのは、スキルの正しさではなく、成果です。

「どっちか」ではなく、「どっちも」というスタンスで、ベストな状態を目指したいものですね。

Follow me!

著者

竹内義晴
竹内義晴NPO法人しごとのみらい理事長
1971年生まれ。新潟県妙高市出身。自動車会社勤務、プログラマーを経て、現在はNPO法人しごとのみらいを運営しながら、東京のIT企業サイボウズ株式会社でも働く複業家。「複業」「多拠点労働」「テレワーク」を実践している。専門は「コミュニケーション」と「チームワーク」。ITと人の心理に詳しいという異色の経歴を持つ。しごとのみらいでは「もっと『楽しく!』しごとをしよう」をテーマに、職場の人間関係やストレスを改善し、企業の生産性と労働者の幸福感を高めるための企業研修や講演、個人相談を行っている。サイボウズではチームワークあふれる会社を創るためのメソッド開発を行うほか、企業広報やブランディングに携わっている。趣味は仕事とドライブ。

しごとのみらいの無料メールマガジン

「仕事が楽しければ、毎日はもっと楽しい」――本メールマガジンは「楽しくはたらく」をテーマに、コミュニケーションや自分戦略、組織作りに関するヒントをお送りしています。