イラッとしたときのあたまとこころの整理術―仕事に負けない自分の作り方 (ベストセレクト 829)

 

整理術-カバー帯-OUT

竹内義晴の著作です。ネガティブな感情を抱いたときの感情コントロールの方法を紹介しています。

目次

  • はじめに
  • 1章 先が見えない仕事環境の中で
    • 職場で起こっているさまざまな問題
    • アンケート結果にみる、仕事のやる気とメンタルヘルス
    • 「結果」への対応ではなく、「原因」への対応を
    • 2つのコミュニケーション
    • この章の振り返り
  • 2章 仕事に負けそうなこころを味方につける
    • なぜ、人は悩むのか?
    • 信念・価値観の作られ方
    • プラス思考が難しい理由
    • こころを「強く」すると仕事に負ける
    • ネガティブな気持ちはアラームシステム
    • この章の振り返り
  • 3章 柔軟なこころを作るセルフコミュニケーション
    • 柔軟なこころを作る習慣作り
    • セルフコミュニケーション・クイックバージョン
    • セルフコミュニケーション・クイックバージョンの体験談
    • セルフコミュニケーション・フルバージョン
    • セルフコミュニケーションをやりやすくするノート法
    • セルフコミュニケーションをやりやすくするTCM
    • TCMは「信念の構造図」
    • トライアングルコミュニケーションモデルを使った体験談
    • ポジティブな背景が見出しにくいとき
    • この章の振り返り
  • 4章 働きやすい職場を作るコミュニケーション術
    • 働きやすい職場を作るコミュニケーションはシンプル
    • 同僚を前向きにリードするコミュニケーション
    • 仕事に負けそうな同僚を前向きにリードする
    • トライアングルコミュニケーションモデルを使った体験談
    • 同僚との間に信頼関係をつくる
    • ストレスが少ない改善点の伝え方
    • この章の振り返り
  • 5章 仕事の悩みは大きなギフト
  • おわりに

Follow me!

著者

竹内義晴
竹内義晴NPO法人しごとのみらい理事長
1971年生まれ。新潟県妙高市出身。自動車会社勤務、プログラマーを経て、現在はNPO法人しごとのみらいを運営しながら、東京のIT企業サイボウズ株式会社でも働く複業家。「複業」「多拠点労働」「テレワーク」を実践している。専門は「コミュニケーション」と「チームワーク」。ITと人の心理に詳しいという異色の経歴を持つ。しごとのみらいでは「もっと『楽しく!』しごとをしよう」をテーマに、職場の人間関係やストレスを改善し、企業の生産性と労働者の幸福感を高めるための企業研修や講演、個人相談を行っている。サイボウズではチームワークあふれる会社を創るためのメソッド開発を行うほか、企業広報やブランディングに携わっている。趣味は仕事とドライブ。

しごとのみらいの無料メールマガジン

「仕事が楽しければ、毎日はもっと楽しい」――本メールマガジンは「楽しくはたらく」をテーマに、コミュニケーションや自分戦略、組織作りに関するヒントをお送りしています。