相談者の声

有限な時間をどのように過ごすかによって、その人の未来は変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分がコーチングを受けてみようと思ったきっかけは、自分の中で問題を抱え、その問題解決の為にどう行動していったら良いのかを自分の中で考えていたのですが、いろいろ考えは浮かぶのですが行動するまでにはいたりませんでした。人にもよるとは思いますが自分の場合、プライベートな事を相談できる人が身近にいない事や、第3者による客観的な意見も聞いてみたい事もあり、まずはコーチングを受けてみよう。と言うきっかけで始めてみました。

実際に始めてみるとセッションで話し合った結果、自分はどのように行動していったら良いのか改めて自分の頭の中を整理し自分のことばでコーチの方へ言う事をした時、自分の中での行動計画がパーツとして整理できてきたように思います。そして、その行動をいつまでに実施するのかを言葉でコーチに話す事で実際の行動が促され、行動をしていく事ができたと思います。

行動した結果を元に次の対処を考え、計画し行動する。この事を繰り返す事で少しずつ前進して行っているように思います。結果としては自分の思いどうりになってはいませんが、これが現実と受け止め次のステージへどのような行動をするのかを考え、計画、選択した行動を実行する事が問題解決、自分のこころが安定してきたように思われます。

行動しない事には現実は変わって行かない事は頭の中では解っていても、自分ひとりで問題を考え続けると、自分の記憶の中で同じ事を繰り返し思い出しているような状況になってしまい、その事に対する後悔をするだけで時間だけが経過してしまい先に進めなかったように思います。このような状況から抜け出す方法のひとつとしてコーチングは有効な方法ではないかと思ったりしております。

時間の経過は本当に早いと思います。皆に平等に与えられる有限な時間をどのように過ごすかによって、その人の未来は変わっていくんだと思います。一度しか無い人生の中で有効に時間を使う事は誰もが望むことだろうと思います。誰しも何でも相談できる相手はそんなには居ないと思いますが、自分の話を聞いてもらう事で少なからずストレスも解消するし、客観的に聞いてもらい問題解決に役立てに利用したりしております。

M.T様 男性 会社員

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内の記事をキーワードで検索

しごとのみらいのメルマガ