お知らせ

新潟ろうきん福祉財団「2017年自立した持続可能な地域社会創造事業」に選ばれました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

しごとのみらいでは、将来に向けて、労働者が抱えるコミュニケーションやストレスの課題を、地域のリソースを生かして改善するプログラムを開発したいと考えています。

その一環で、2016年に新潟ろうきん福祉財団「自立した持続可能な地域社会創造事業」の助成を受け、プログラム開発に取り組んでまいりました。2016年は、自然や農業をストレス改善に生かしている団体を視察させていただき、「自然や農業がストレス改善に与える10の効果」をいう冊子をまとめました。

2017年度はさらに、自然や農業がストレス改善に与える効果を、脳の活動を測定し、エビデンスを作成したいと考え、「自立した持続可能な地域社会創造事業」に継続申請しましたところ、助成対象となりました。

 

今後は、脳活動を測定する専門家や大学の先生などにご協力いただきながら、農業がストレス改善に与える効果のエビデンスを作成し、研修プログラムの開発につなげます。

助成事業の詳細につきましては、新潟ろうきん福祉財団の助成決定資料をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サイト内の記事をキーワードで検索